大人ニキビに悩んでいました。

maxresdefault

5年ほど前の20歳の頃、大きくて赤い、いわゆる大人ニキビにとても悩んでいました。

毎日増えていく痛々しいニキビ、真っ赤な顔と鏡で睨めっこしていました。

たくさんお金を使って、ネットでニキビに少しでも良いと書かれているコスメや美容グッズを買っては試していました。

しかし、どれだけ頑張っても一向に大人ニキビは良くならないので、コスメの使い過ぎ、美容グッズの使い過ぎで逆に肌に負担がかかっているのではないかと思いはじめました。

そこで超シンプルケアに変えることにしたのです。

使用するものは赤ちゃんでも使える化粧水やオイル、日焼け止めに限定しました。

少しずつ良くなっていった気がしたので、他にコスメや美容グッズに頼らず改善出来る方法はないかと思い、こまめに水を飲む、ということを実践しました。やはり肌には体の内側に水分を補給しておくことも大切のようです。

水分補給を意識すると、更に良くなっていきました。

私は寒い時期、こたつに入るのが気持ちよくて大好きなのですが、水分補給をしないと体がどんどん乾燥していくので気をつけています。

加湿器をつけるか、こまめに水を飲むか、どちらかは必ずしています。

今ではニキビはすっかりなくなりました。月に1個か2個、白いニキビができるかどうか、といった感じです。

あの悩んでいた日々が嘘のように良くなりました。

出典:大人ニキビに効く洗顔料おすすめランキング!口コミも紹介!

ニキビを消す努力!

高校生の頃からニキビに悩まされていましたが、洗顔で顔を洗う事ぐらいしか毎日やる習慣がなく、どうしたら綺麗な肌になるのか考える毎日でした。

私は混合肌なので、顔がカサついてもべたついてもニキビができやすい体質のように感じます。

そんな時、姉に教えてもらったのがカタツムリのクリームとパックでした。カタツムリには肌を修正してくれる効果があるとネットで調べていたので、どんな効果があるのか楽しみにしながら使うことにしました。

洗顔は一日二回するのですが、大事なのが保湿クリームを塗るタイミングです。

洗顔後、顔が濡れた状態のときにクリームを塗ったほうが浸透力が不思議といいのです。このように使ってから、洗顔で顔の脂を落としても顔がしっとりするようになり、いつもより表情も明るくなりました。

ちなみに洗顔は、ニキビ用のアクネスを使用しています。本気でニキビ対策をしたいので、洗顔ネットで泡を立てて優しく撫でるように洗顔するように心がけています。その結果、カタツムリクリームと併用で一ヶ月ほど使用し続けたら、劇的にニキビの数が減少しました。

個人的な意見ですが、肌が乾燥しているときのほうが肌荒れが起きやすいように感じます。睡眠不足も肌荒れの原因なので極力規則正しく睡眠時間もとるようにしています。

ストレスの力ってすごいんですね。

私のニキビができ始めたのは高校生の時です。

高校生の時はバレーボールの名門校に進学しバレー三昧な毎日を送っていました。

きれいだった顔にはあっという間に赤いぶつぶつがたくさんできていくようになりました。

もともと小さいころからあまり精神的に強くなかった私は内面的なものがすべて外に出るタイプです。

自分ではそんなに分かっていなかったのですが、名門名だけあってハードな練習に加え、しきたりも多く、先生や先輩との人間関係などなれないことが多くあったこともあり、きっとストレスもいっぱいあったのでしょう。

顔全体が赤く、触ったら痛いほどの膿のでるようなニキビが顔全体にでき、一つ消えてはまた新しいのがでてくるの繰り返しでした。

でもそこから1年くらいニキビケアはしませんでした。ビオレで洗顔するくらいでしたね。

なぜかというと自分でもびっくりなのですが、部活に夢中になりすぎて気にもならなかったからです。

高校3年生になって部活を引退してしばらくして、自分の顔がニキビですごいことになっているのに気付きました。

その時、いとこにすすめられて使ったのがフリープラスのアクネスポッツです。

赤いニキビに効果があるようでこれがかなり効きましたね。次の日には小さくなって消えるのもずいぶん早くなりました。

何本かリピートして使ってけっこう肌がきれいになりました。

白いニキビにはあんまり効果がなかったです。

ニキビのことばっかり意識しちゃうとまた増えてくる気がするので、いつか絶対治ると信じてあまり気にしないほうが早く治るのではないかと思います。

曲を聴いたりしていた

韓国のアーティストの曲を聴きました。

今回は、日本語バージョンを聴きました。韓国語を聴いていたので、日本語を聴いていても韓国語の方がいいかなと思う曲もありました。歌うときもそう思ってしまいました。

そして、夜遅くに放送されているバラエティー番組を見ました。最初は、何かを流行らせようとしている様々な運動を調査していました。

最初は、ハロウィーンに柿を使おうとしているところがありました。次は、回文が好きな人たちが披露するイベントを調査していました。

意外と面白かったです。次は、プロテインのスイーツを作っている人たちを調査していました。プロテインのスイーツは初めて聞きました。

次は、派手髪運動をしている人たちを調査していました。

自分は派手なものがあまり好きではないので、苦手かなと思いました。次は、ありえない運動を広めようとしている人たちを調査していました。

止めてほしいなと思いました。次は、携帯パトロールをしていました。最近では、お年寄りの人でも携帯ゲームをやるんだなと思いました。

少しびっくりしました。ポケットモンスターのゲームが流行っているみたいです。次は、死後離婚についてやっていました。最近では、死後離婚をする人が増加しているそうです。次は、癒しのローカルニュースをやっていました。最初は、逃げたインコが帰ってきたニュースをやっていました。

次は、歌う歯医者が出ていました。しかし、迷惑そうな患者さんがほとんどでした。早くしてほしいという人もいました。

そして、みかんを食べました。ちょうどいい甘さで良かったです。そして、勉強をしました。バスケットについて勉強しました。

ドリブルからのシュートは、ドリブルからレイアップシュート(右手)とドリブル(ストップ)からジャンプシュート(右手)があります。ドリブルからレイアップシュート(右手)は、左足で踏み切ってジャンプするには、ドリブルのつき出し(右手・左足)で大きくとび上がり、空中でボールをキャッチして右足、左足のリズムで踏み切ります。

ドリブル(ストップ)からジャンプシュート(右手)は、右手ドリブルからのストップは右足、左足となるので1テンポリズムを調整して左足、右足のストップになるようにします。リングに対するボールの入射角度が90°に近づくほど、ボールの通過面積が大きくなります。

次は、パスについてです。パスはボールを進める(展開させる)技術の1つです。パスの良し悪しが、チームプレイやシュートチャンスに大きく影響します。

パスはオーバーハンドパス、サイドハンドパス、フックパス、ショルダーパス、アンダーハンドパス、チェストパス、パスのミート~キャッチがあります。パスの練習は、クイックパス、四角パス、三角パス、三角パスからのシュートがあります。

クイックパスは2人組になり、それぞれがボールを持って連続パスを行います。2人のパスコースが重ならないようにします。勉強になりました。

興味がない芸能人の夢を見た

夢を見ました。今回は、興味がない芸能人が夢に出てきました。

興味がない芸能人が夢に出てくるのは、気付いていない才能が目覚める可能性があるそうです。そして、昼ごはんを食べました。今回は、たこ焼きを食べました。久しぶりに食べました。あっさりしていたので、ちょうどいい味でした。小さいサイズだったので食べやすかったです。

そして、ラジオを聞きました。リアルタイムでは聞くことができないので、動画で聞くことにしました。毎日のようにあるので、何日分かのを聞きました

。聞くのは大変でしたが、聞いてて楽しかったです。そして、韓国のアーティストのミュージックビデオだけをやっている音楽番組をやっていました。

今週は、平日は毎日やるみたいなのですごく楽しみにしていました。最初から知っている曲ばかりでした。すごく久しぶりに聴いた曲もありました。見ていて懐かしかったです。次の日もあると思うので見れたら見たいなと思います。そして、歌を歌いました。

韓国のアーティストの曲を歌いました。日本語の曲と韓国語の曲の両方を歌いました。初めて練習したときよりは、だんだん上手くなってきたような気がします。

もっと上手くなるように頑張りたいです。そして、韓国の曲だけをランキングにしている音楽番組を見ました。この日は韓国の曲をやっているテレビ番組が結構あるので、すごく嬉しかったです。そして、勉強をしました。

ハンドボールについて勉強しました。

11人制は、1919年にベルリンの体育教師カール・シランツが、トアバルの名で行われていた女性用ボールゲームを学校体育用としてサッカーのよさを取り入れ、男女ができるボールゲームとして考案しました。

一方、7人制は1906年にデンマークのニールセンにより競技規則がつくられ、1918年にフレデリック・クヌッセンにより、カール・シランツの考えた11人制の精神を生かし、冬季の室内用ボールゲームとして考案されました。スポーツとしてのよさを認められ、1934年には国際統一競技規則ができました。

1936年のベルリンオリンピックの時に正式種目に加えられ、いっそう盛んになりました。戦後、北欧を中心に国際ハンドボール連盟が結成され、経済的発展により体育館ができるようになったこともあり、7人制を主流に普及しました。現在、すべての国際試合は7人制で行われています。

日本では1922(大正11)年に大谷武一が11人制を紹介し、学校体育の中で行われるようになりました。

戦後、11人制が普及しましたがその後、7人制が紹介され1963(昭和38)年に7人制に統一されました。

特性は、人間の基本的な動きである走・跳・投をバランスよく使って行う、最も基本的な競技です。ボールは片手で操作しやすく、スピーディーでダイナミックな競技です。

ルールは3秒・3歩等最も自然な動きで、だれでも容易に上達することができます。とても勉強になりました。

マイナー言語オタク、学んでみたいと

あれですね、不条理な理由で、債務整理した後って、一時的に、金銭的な感覚がなくなりますね。
さて、妄想話というか、こうなったら面白いなという話ですが、言語オタクです。マイナーな言語って、いつも学んでみたいと思っています。
そういえば、扇風機を回してみました。
涼しいですね。扇風機って、こうすると、涼しくなっているというメカニズムを、親から教えてもらいましたが、5分で忘れました。要は涼しければいいのです。

世の中には消えていく言語というものも、当然あると思うのですが、よく聞くのが、韓国語と北朝鮮の韓国語はまた違うというものでしょうか。
これって、多分、部族の間にも言える事だと思うんですよね。
サモア語にしても、例えば、違う事ではありますが、インドネシア語とマレーシア語は似ているけれど、やはり違うというように、少し違うけど、意思は通じるというようなことはあると思うんですよね。
それで学びたいのが、トンガ語とツバル語ですね。
後、もっとマイナー言語を学んでみたいと思っています。
日本って、やっぱり、排他的なのではと僕自身思う事があります。
それ違うんじゃないって突っ込みが、お笑いになるのは文化の一種かもしれませんが、他民族が多いとまた違う冗談になるような感じです。

草花木果「どくだみ」私にはイマイチでした…

私は筋金入りの敏感肌を持つ30代女性です。環境ストレスからくる肌荒れ、大人ニキビ対策に日々、余念がありません。

草花木実のシリーズも発売当初から興味を持ち、さっそくトライアルサイズの化粧水と美容液を、通販サイトから購入して試してみました。

まず、感触じたいはとても良かったです。敏感肌の私ですから、例えば化粧水ひとつとっても、肌に触れた途端に「ピリピリ」することも少なくないのですが、こちらは大丈夫でした。それこそ水のように、ムリなく肌にすっと浸透していく感触で、これはとても良かったです。美容液も同様でした。

そこで「これは期待できるか」と楽しみにしていたのですが…トライアルキットを終わる頃になっても、やはり小さなニキビの定期発生はおさまらず、毛穴なども目立つままでした。ニキビの規模はそれほどひどくならずに済みましたので、効いていないことはないのでしょう。それでもやはり、残念感はぬぐえない結果でした。

夏場だったので「さっぱり」タイプを選んだのですが、やはり乾燥もひどい私の肌には「しっとり」を選ぶべきだったのかもしれません。「どくだみ」他にも色々なシリーズがありますし、機会があれば肌タイプをよく検討して、また試してみたいとも思っています。

人気のニキビ化粧水をランキングで紹介しているサイトなどを参考にすると、効果のあるものや人気のあるニキビ化粧水が一目瞭然でわかるので、一度見ておくことをオススメします。

昔からのロングセラー「オードムーゲ」

私は、ちょうど10年ほど前、ひどいニキビに悩まされていました。
何を使っても治らず、かなり高価な化粧品も試していました。
そんな中、やっと救世主が現れました。
それが、「オードムーゲ」です。

「オードムーゲ」=ニキビというくらい、ニキビに効果のある化粧品で、
おそらく、ニキビで悩んでいる人は1度は耳にした事があると思います。

「オードムーゲ」は、かなり昔からあるシンプルな化粧水です。
お値段もとてもリーズナブルなので、高校生でも買えます。
化粧水というよりは、消毒液的な感じで、
アルコール成分が入っている事もあり、使い心地はスッとします。
でも、その成分のおかげでニキビの元となる菌を殺菌してくれるようです。

当時、ニキビで悩んでいた私は、さっそく「オードムーゲ」を使い始めました。
最初は、乾燥がひどくなり、悪化したようにも見えましたが、
しばらく、我慢して使い続けた結果、見事にニキビが減っていき、
最終的に完治しました。
今まで、かなり高価な化粧水やエステにいっても、
なかなか、治らなかったニキビを治してくれたのです。

即効性は期待できませんが、じっくりと使い続けると、効果が必ずあります。
さすが、ロングセラー商品です。

見た目もシンプルで、一見、すごそうには見えない「オードムーゲ」ですが、
驚きの効果を発揮します。
ニキビで悩んでいるなら、ぜひ、使ってみてください。
おすすめです。

リプロスキンを使っていたら「肌が綺麗になった」と言われた

ニキビ痕に悩んでおり、某有名スキンケア情報サイトでニキビ痕について調べていたらこちらが紹介されてて気になりました。

私の肌はすぐにニキビが出来てしまう肌質。
昔はニキビが酷かったのですが現在は乾燥から来るニキビだと気付き、洗顔の間隔を空けることでなんとなくニキビが減ってきました。
ですが肌の下で膿みを持ってた痛いニキビ痕などはまだまだ残っています。
ボコボコした感じなのがコンプレックスで、なんとかしたいと思ってました。
こちらのリプロスキンは凸凹肌にも良いと書いてあるのですぐに飛びつきました。
まず浸透性の良さにおどろきました。
使い始めてすぐ乾燥肌のゴワゴワが無くなり、ツルツルした感触になりました。
ブースターとしても使えるようですが、私はメインに使ってます。サラッとしてるのですが、重ね付けをしてると潤ってくるのがわかります。

色々な化粧品を使ってきましたがこの肌感は驚きでした。一本目を使い終える頃はまだまだニキビ痕に変化がなく、値段が値段なので止めようか考えました。ですが、肌の浸透感とツルツル感が気に入ったのでそのまま使ったところ、3本目を使ってる途中で友達に「なんだか肌が綺麗になった」と言われて私自身も「これのおかげ?」と気付くように。
毎日自分の顔を見てるからなかなか気付けないのかもしれませんが、少しづつ肌がたいらになったような感じはします。
まだまだ変化があるかもしれないので、リピートします!
こちらを使う方は、一本で効果がでなくても、そのまま使い続けることをおすすめします。

大人ニキビのケア方法

30代になってからも体調によって、たまにニキビができます。私は乾燥もするし、油っぽくもある混合肌です。ニキビはこめかみのあたりやおでこにできやすいです。特にこめかみは体調によって良くできますね。

大人になってからのニキビは、便秘がちになるとできたりします。体に老廃物を溜めこむと吹き出物の一種として、ニキビができるみたいです。なので、私は便秘知らずの体を目指して、適度な運動とバランスの良い食事を心がけています。

生理前はおでこにニキビができやすくなるので、できてしまったら洗顔でやさしく洗い、油分をニキビ部分にため込まないようにしています。保湿は化粧水のみでし、乳液は使いません。

若い時より脂性肌ではなくなった私の肌ですが、たまにできるニキビに対しては触ったりせず、風通しよく清潔に保つようにして、治しています。

特にニキビケア用品は使っていませんが、ニキビができたときは、油分を取り除いてあげるように心がけています。混合肌でもあるので、保湿する部分と保湿しない部分で分けてケアしていますね。このケア方法で保湿しなければならない部分まで、保湿ケアを省いてしまうということがなくなり、健康な肌を保てるようになりました。